2007年08月07日

目覚め

昼休みの時間に食べに帰るとめずらしく真琴が昼寝をしていた。
ほとんど、昼に寝ることのない真琴なのだが、今日はどうしたのだろう
と思い、少しのぞき込むといきなり目を開けた。

お、起きたと思った瞬間、すかさず奥さんに見つかり「なんで起こすんよー」と怒られた。
えーと思いながらも言い訳することもできない自分。
「俺なんもしてないやん」とココロの中で泣く自分。

俺の気持ちがわかるのか真琴も切なそうに俺を見ていた。
いや、アレは哀れみの目だった気もする。
どっちかと言うと、後者の方か。

もうすでに真琴に主従関係がバレているのか?
それは、まずい。
どこかの本で読んだことがある。
3歳までに潜在意識の中に記憶した事は一生覚えているということ。
だから、まだ奥さんの方が強いということをバレる分けにはいかないのだ。
必死で真琴に笑顔で対応し、俺はなんともないよと言わんばかりに振る舞ってみた。
真琴もにこっと笑っていたけど、分かってくれたのだろうか。
タグ:昼寝 夜泣き
posted by roid at 19:38| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺と真琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50602629

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。